セリュールについて

無施錠一瞬 後悔一生

セリュールは2009年に創立されたオートロック電子錠及びシステムのOEM専門メーカーです。
オートロックだけでなく便利さと安心性を兼ね備えた商品を他社に真似の出来ないコストとテクノロジーで実現し、
自身が感じる感動と安心感を沢山の方々と共有し一緒に前進して行きたいと考えております。

セリュール代表取締役 長島理恵

総合商社、日本・外資の広告代理店を経て、
2009年 株式会社セリュールを創立。9年目に売上高5億円を突破。
2016年 世界最大手通販番組に出演し販売開始。
2018年 1日5回のオンエアで過去最高売上を達成。

セリュールのホームページをご覧くださり有難うございます。
株式会社セリュール 代表取締役の長島でございます。

一般の人々にとって本当に必要なセキュリティとは?
様々な事が突然起きる昨今。
真剣に考えて行かなければいけない事案が沢山あります。

犯罪を未然に防ぐこと、
そして犯罪者を作らせないこと。
社会への貢献としてこれがセキュリティにおいて最も大事だと私は考えます。
防犯とは防ぐこと。
何か起きてからでは遅いと考えます。

17年前、韓流ドラマで観た電子錠。
この電子錠を知った瞬間、その鍵の未来が私には見えました。
そして資本金300万で起業致しました。
2022年の今年、電子錠一筋14年目を迎えます。

公安委員会で防犯の基本とされている
1ドア2ロック。
まず、防犯の基本である「鍵」という部分。
その鍵を自動で鍵をかけるという事が出来れば
ふ・・・と、魔がさす犯罪を未然に限りなく防ぐことが出来ると考えます。
この2ロック目をオートロックにする事で
今、皆様がお住まいの住宅、その玄関の防犯性がぐんとあがります。
セリュール独自のセキュリティ方式で警察や軍と同レベルのセキュリティを
持つセリュールのオートロック。
犯罪は未然に防がないと意味がないと考えます。

皆さまの家族、資産、そしてご自身を守る為に
今、出来ること!
それはまず無施錠を防ぐ事から始まります。
ちょっとだから。。。
その気の緩みが犯罪に繋がってしまいます。

無施錠を防ぐ為に皆様の代わりに鍵をかけてくれるオートロック。
そしてその原点であるオートロック錠からセリュールが生み出す様々な
セキュリティ商品。
その商品はセリュール独自の高品質での安心性、
そして皆様と同じ視点から生み出される快適性。
皆様がお手に取りやすい価格で商品をご提供出来る事。
これこそが、セリュールの想いと言えます。

無施錠を防ぐ為に皆様の代わりに鍵をかけてくれるオートロック。
そしてその原点であるオートロック錠からセリュールが生み出す様々な
セキュリティ商品。
その商品はセリュール独自の高品質での安心性、
そして皆様と同じ視点から生み出される快適性。
皆様がお手に取りやすい価格で商品をご提供出来る事。
これこそが、セリュールの想いと言えます。

これらを基本に今後、様々なセキュリティ商品を世界に向け発信して参ります。

セリュール商品をどうぞ宜しくお願い致します。

沿革

2003年韓国ドラマでオートロック錠の存在を知り、理想の商品を探すため韓国へ。
2009年株式会社セリュールを創立。 韓国で選び抜いた商品を「Cuty」「Grace」「Premia」として発売。
2010年大手パーティションメーカーと代理店契約を結ぶ。
2011年レバーハンドル型オートロック錠「Iris」を発売。
2015年Premiaの後継機となる「PremiaⅡ」を発売。
2016年大手通販番組に出演開始。
2017年スマートフォンと連動可能な「DECIMEL」を販売。
2018年テレビ通販にて1日のPremiaⅡ過去最高売上を達成。
集合住宅の玄関と連動するDECIMELエントランスを展開。
2019年Jo-Xシリーズ(玄関・勝手口用Jo-XⅠ、部屋用Jo-XⅡ)を発売。
2021年後付けオートロック錠普及モデル「AMULET」発売
 

会社概要

会社名株式会社セリュール
所在地東京都中央区銀座4-13-15 成和銀座ビル7階
電話番号03-6278-8835
FAX03-6278-8836
設立2009年5月20日
資本金6,000万円
代表取締役長島 理恵
業務内容電池式オートロック錠の企画、設計、製造、販売